上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆宝くじを貰って大きく当てよう☆
自宅にいながら、あの有名売場のジャンボ宝くじが!


宝くじの予想が盛沢山♪⇒ 人気ブログランキングへGO

まじでヤバイ!!

左下サイドバーに、勝手にブログパーツが・・・


パニック





(終了)

悪夢は去りました・・・


”恐怖”と”謎”の天才M・ナイト・シャマランが放つ
壮大なるディザスター・サスペンス

その想像を絶する恐怖は、ある日突然やってきた。まるで木の葉を揺らすそよ風のように、そっと私たちの日常世界に忍び寄り、ごく普通の人々を死に誘う〈見えない脅威〉。そんな得体の知れない何かが引き起こす異常現象は、ニューヨークのセントラルパークを皮切りに爆発的な勢いでアメリカ各地に広まり、ついには人類の破滅すら予感させる大惨事へと発展していく……。

一大センセーションを巻き起こした『シックス・センス』で一躍世界に名を知らしめ、その後も比類なきほど独創的なエンターテインメント作品を次々と世に送り出し、スリラー&ミステリーの天才ストーリーテラーの地位を確立した鬼才M・ナイト・シャマラン。現代のハリウッドで最も予測不可能な映画を生み出す希代のヒットメーカーの最新作『ハプニング』は、彼の脳裏にふと思い浮かんだ“世界の終わり”というアイデアを、驚くべきイマジネーションで映像化した究極のディザスター・サスペンスである。

シャマランが創造した〈見えない脅威〉は、まさに突発的な出来事を意味する『ハプニング』の題名通り、何の前触れもなくあらゆる一般市民を襲う。たとえ周囲の異変をいち早く察知したとしても、目では識別不可能なそれから逃れる術はない。ひとたび未知なる〈脅威〉に飲み込まれた人々は、例外なく“死”を運命づけられてしまうのだ。幽霊や怪物などは一切登場しない。バイオテロや既存のウイルスの仕業でもない。それなのに私たちの日常がぐしゃりと歪み、容赦なく、確実に壊れていく。原因不明で何も見えないがゆえに底知れない戦慄を喚起する本作は、決して荒唐無稽なパニック・ムービーではない。テロリズム、地球温暖化、新型インフルエンザといった不安が渦巻く21世紀の世相を反映したかのような、生々しいリアリティのこもった恐怖の連鎖。スーパーナチュラルな“謎”によって観る者の心を捉えて離さないシャマラン一流の巧妙な話術は本作でも遺憾なく冴え渡り、やがて〈見えない脅威〉が人類の希望を覆い尽くさんとする極限のクライマックスまでまったく先読みを許さない。シャマランのフィルモグラフィにおいて最も壮大なスケール感がみなぎる『ハプニング』は、『シックス・センス』以来となる彼の新たな代表作と言っても差し支えないだろう。

その〈見えない脅威〉からは絶対に誰も逃れられない!
衝撃的なイメージが連鎖する史上空前のヴィジュアル体験

「恐怖の原点に回帰した映画を作ってほしい」というスタジオ側のリクエストに応えたシャマランは、〈見えない脅威〉によって命を落とす人々の最期をさまざまなシチュエーションで映像化。それらのショッキングな恐怖シーンを多数含むがゆえに、本作は本国アメリカで初めてR指定を受けたシャマラン作品となった。さらに恐怖描写の過激度はスタジオの予想を遙かに超えていたため、公開前の予告編などの映像からそれらのシーンを急遽削除する処置がとられたという裏話が生まれたほどである。このミステリアスな衝撃に満ちた史上空前の悪夢を体験したすべての観客は、ついに本気で牙を剥いた天才監督の恐るべき映像魔術に心底打ちのめされずにいられないだろう。

主演は『ブギーナイツ』『PLANET OF THE APES 猿の惑星』『ザ・シューター/極大射程』などの話題作でおなじみのマーク・ウォールバーグ。その抜群のスター性はもちろんのこと、近作『ディパーテッド』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされ、俳優として絶頂期を迎えた感のある彼が、〈見えない脅威〉から逃れようとする科学教師エリオットを迫真の演技で体現する。その美貌の妻アルマに扮するのは、『ジェシー・ジェームズの暗殺』『テラビシアにかける橋』などで注目度上昇中の若手女優ズーイー・デシャネル。世界を揺るがす惨劇の中で夫婦の絆を試される彼らのドラマが、映画にかけがえのない温もりを吹き込み、深遠な感動を呼び起こす。『ロミオ&ジュリエット』の個性派俳優ジョン・レグイザモも、愛する家族を守り抜こうとするエリオットの友人ジュリアン役で胸打つ熱演を見せる。また『シックス・センス』『アンブレイカブル』の撮影監督タク・フジモトが、久々にシャマラン組に復帰。『羊たちの沈黙』を手がけたことでも知られる名手が繊細なカメラワークを披露し、恐怖の原点に立ち帰ったシャマランを強力にサポートしている。




いつもと同じように朝を迎えたセントラルパークに突然何者かの叫び声が響き、来園者たちは時が止まったかのように道に立ちつくす。やがて後ろ向きに歩き出し、バタバタと倒れ出す人々。別の場所のある工事現場では、作業員たちがまるで糸の切れた操り人形のように、自らビルの屋上から転落していく。それが前代未聞の大惨事の始まりだった。

ニューヨークの異変は、その原因もわからぬまま、科学教師エリオットが勤める学校にも伝わってきた。すでに謎の死を遂げた人々には、言語の混乱、方向感覚の喪失などの兆候が見られたという。生徒たちは帰宅させられ、エリオットの同僚ジュリアンは、フィラデルフィアの母親の家に一緒に避難しようと彼を誘う。

エリオットは妻アルマ、ジュリアンとその幼い娘ジェスとともに列車に乗り込む。しかし当局が原因を突き止められない〈見えない脅威〉は、急速にアメリカ全域へと広まり、各地で大パニックが発生。エリオットらの列車も途中で停車してしまい、車掌は「誰とも連絡がつかなくなった」と力なく告げる。

〈見えない脅威〉は周辺に迫り、その場にじっとしていたら確実に飲み込まれてしまう。しかし、いったいどこへ逃げればいいというのか。離ればなれになっている妻を助けに行くというジュリアンからジェスの身を預かったエリオットは、アルマとともに絶望的なサバイバルを繰り広げていく……。





1971年、マサチューセッツ州ドーチェスター生まれ。“ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック”に所属していた兄ドニー・ウォールバーグのサポートのもと、ラップ・グループの“マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチ”を結成。カルヴァン・クラインの下着モデルとしても注目された。

『勇気あるもの』(94)で映画デビューを飾った後は俳優業に専念。レオナルド・ディカプリオ主演の『バスケットボール・ダイアリーズ』(95)に出演したのち、『悪魔の恋人』(96・未)で初主演を務めた。続く『ブギーナイツ』(97)の成功でハリウッドの若手スターの仲間入りを果たし、『ビッグ・ヒット』(98)、『スリー・キングス』(99)、『NYPD15分署』(99)、『裏切り者』(00)、『パーフェクト ストーム』(00)、『ロック・スター』(01)、『PLANET OF THE APES 猿の惑星』(01)、『ミニミニ大作戦』(03)といった話題作に次々と主演。近年も『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』(05)、『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』(06・未)、『ザ・シューター/極大射程』(07)などで活躍している。アカデミー作品賞に輝いたオールスター・キャストの犯罪映画『ディパーテッド』(06)で演じた刑事ディグナム役が絶賛され、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の助演男優賞の候補となり、全米批評家協会賞の助演男優賞を受賞した。




1980年、カリフォルニア州ロサンジェルス生まれ。『ライトスタッフ』『パッション』などでアカデミー賞候補になった名撮影監督キャレブ・デシャネルと女優メアリー・ジョー・デシャネルを両親に持つ。姉エミリー・デシャネルも、TVシリーズ「BONES ボーンズ」の主演を務めるなど女優として活躍している。

舞台への出演を経て、『マムフォード先生』(99・未)で映画デビュー。『あの頃ペニー・レインと』(00)、『グッド・ガール』(02)などの話題作で重要な脇役を演じて注目を集めたのち、SFコメディ『銀河ヒッチハイク・ガイド』(05)ではヒロインを演じた。他の主な出演作は『ケイティ』(02)、『ニュー・ガイ』(02)、『ビッグ・トラブル』(02・未)、『エルフ ~サンタの国からやってきた~』(03・未)、『恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~』(06・未)、『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)、『サーフズ・アップ』(07)など。児童文学の名作を映画化したファンタジー『テラビシアにかける橋』(07)で、爽やかな歌声を披露していたことも記憶に新しい。




1964年、コロンビア・ボゴタ生まれ。5歳の時に家族とともにニューヨークへ移り住む。ニューヨーク大学の演劇科で演技を学び、リー・ストラスバーグに師事した。

TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」で俳優デビューを果たし、『カジュアリティーズ』(89)で映画界に進出。『リベンジ』(90)、『ダイ・ハード2』(90)などで小さな役をこなしたのち、『スーパーマリオ/魔界帝国の女神』(93)、『カリートの道』(93)、『3人のエンジェル』(95)などでアクの強い個性を発揮。オフ・ブロードウェイで自作のひとり芝居を大ヒットさせる一方、レオナルド・ディカプリオの敵役を熱演した『ロミオ&ジュリエット』(96)でいっそう知名度を高めた。その後の主な出演作は『エグゼクティブ・デシジョン』(96)、『スポーン』(97)、『サマー・オブ・サム』(99)、『ムーラン・ルージュ』(01)、『コラテラル・ダメージ』(01)、『タブロイド』(04)、『アサルト13 要塞警察』(05)、『ランド・オブ・ザ・デッド』(05)など。『アイス・エイジ』(02)、『アイス・エイジ2』(06)の声の出演でも知られている。





1970年、インド・ポンディチェリー生まれ。幼少期にアメリカのフィラデルフィアに移住し、自主映画の制作に熱中するようになる。やがて両親と同じ医師の道を歩まず、映画監督を志すことを決意し、ニューヨーク大学芸術学部に進学。在学中に書き上げたオリジナル脚本に基づく初長編『Playing with Anger』(92)で、監督としての第一歩を踏み出した。祖父を亡くした少年の揺れる思いを綴ったヒューマン・ドラマ『翼のない天使』(98・未)を経て、ブルース・ウィリス&ハーレイ・ジョエル・オスメント主演の長編第3作『シックス・センス』(99)が爆発的ヒットを記録。世界中の観客を驚愕させた衝撃の結末は、ストーリーテラーとしてのシャマランの類い希な手腕を鮮烈に印象づけた。また、同作品はアカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされるなど、ホラー映画としては異例の批評的な成功も収めた。

その後もホームタウンのフィラデルフィアを拠点にし、再びB・ウィリスと組んだ超自然的サスペンス『アンブレイカブル』(00)、異星人との遭遇を描くSFスリラー『サイン』(02)、森に囲まれた村の秘密を語り明かすミステリー『ヴィレッジ』(04)、美しき妖精とアパートの住人の不思議な交流を綴る『レディ・イン・ザ・ウォーター』(06)という話題作を連発。エンターテインメントの分野にこだわりながら、斬新な世界観と意外性に満ちたストーリーを創造し、映画ファンに魅惑的な驚きを提供し続けている。


この映画のアイデアは突然ふっと湧きました。“世界の終わり”という恐ろしいアイデアを思いつき、とてもドキドキしたので、それまで書いていた作品を投げ出し、『ハプニング』の脚本に取りかかりました。

私は『エクソシスト』、『ゴッドファーザー』のように、腹の底に響くような生々しい瞬間がある映画に合わせて、この映画のことを考えました。この映画にはそういうやり方がぴったり来ると思ったからです。こうして私は(アメリカでは)初のR指定作品となる、これまでで最高に怖い映画を作ったのです。

この映画に幽霊や怪物は出てきませんが、私にとっては逆にそれらを見せて観客を怖がらせるほうが難しい。恐怖の理由が何なのかわからず、何がどうなっているのか考えることで、いっそう怖さが増すというのが私の考え方です。だからこそ“見せない”ことは、観客を怖がらせるための私の力強い武器になるのです。

この映画にはタブーがたくさんあります。それらは「駄目だ、こんなもの見てられない!」と思うようなものを目にする、とても怖い瞬間です。そう思った直後にそれらを見てしまい、ショックを受けるのです。

『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(56・未)などの過去のホラーには、戦争の脅威などの時代の世相が反映されていました。私もこの世界に生きている以上、何か執筆するうえで現実社会の出来事から影響を受けています。例えば25年後にこの映画を振り返って、「2008年の人たちは、こんなパラノイアを抱いていたんだな」と思えるようなハッピーな未来を迎えられれば、というのが私の希望なのです。


 ↑映画ハプニング公式サイトより引用。


追記を閉じる▲



☆宝くじを貰って大きく当てよう☆
自宅にいながら、あの有名売場のジャンボ宝くじが!


宝くじの予想が盛沢山♪⇒ 人気ブログランキングへGO


”恐怖”と”謎”の天才M・ナイト・シャマランが放つ
壮大なるディザスター・サスペンス

その想像を絶する恐怖は、ある日突然やってきた。まるで木の葉を揺らすそよ風のように、そっと私たちの日常世界に忍び寄り、ごく普通の人々を死に誘う〈見えない脅威〉。そんな得体の知れない何かが引き起こす異常現象は、ニューヨークのセントラルパークを皮切りに爆発的な勢いでアメリカ各地に広まり、ついには人類の破滅すら予感させる大惨事へと発展していく……。

一大センセーションを巻き起こした『シックス・センス』で一躍世界に名を知らしめ、その後も比類なきほど独創的なエンターテインメント作品を次々と世に送り出し、スリラー&ミステリーの天才ストーリーテラーの地位を確立した鬼才M・ナイト・シャマラン。現代のハリウッドで最も予測不可能な映画を生み出す希代のヒットメーカーの最新作『ハプニング』は、彼の脳裏にふと思い浮かんだ“世界の終わり”というアイデアを、驚くべきイマジネーションで映像化した究極のディザスター・サスペンスである。

シャマランが創造した〈見えない脅威〉は、まさに突発的な出来事を意味する『ハプニング』の題名通り、何の前触れもなくあらゆる一般市民を襲う。たとえ周囲の異変をいち早く察知したとしても、目では識別不可能なそれから逃れる術はない。ひとたび未知なる〈脅威〉に飲み込まれた人々は、例外なく“死”を運命づけられてしまうのだ。幽霊や怪物などは一切登場しない。バイオテロや既存のウイルスの仕業でもない。それなのに私たちの日常がぐしゃりと歪み、容赦なく、確実に壊れていく。原因不明で何も見えないがゆえに底知れない戦慄を喚起する本作は、決して荒唐無稽なパニック・ムービーではない。テロリズム、地球温暖化、新型インフルエンザといった不安が渦巻く21世紀の世相を反映したかのような、生々しいリアリティのこもった恐怖の連鎖。スーパーナチュラルな“謎”によって観る者の心を捉えて離さないシャマラン一流の巧妙な話術は本作でも遺憾なく冴え渡り、やがて〈見えない脅威〉が人類の希望を覆い尽くさんとする極限のクライマックスまでまったく先読みを許さない。シャマランのフィルモグラフィにおいて最も壮大なスケール感がみなぎる『ハプニング』は、『シックス・センス』以来となる彼の新たな代表作と言っても差し支えないだろう。

その〈見えない脅威〉からは絶対に誰も逃れられない!
衝撃的なイメージが連鎖する史上空前のヴィジュアル体験

「恐怖の原点に回帰した映画を作ってほしい」というスタジオ側のリクエストに応えたシャマランは、〈見えない脅威〉によって命を落とす人々の最期をさまざまなシチュエーションで映像化。それらのショッキングな恐怖シーンを多数含むがゆえに、本作は本国アメリカで初めてR指定を受けたシャマラン作品となった。さらに恐怖描写の過激度はスタジオの予想を遙かに超えていたため、公開前の予告編などの映像からそれらのシーンを急遽削除する処置がとられたという裏話が生まれたほどである。このミステリアスな衝撃に満ちた史上空前の悪夢を体験したすべての観客は、ついに本気で牙を剥いた天才監督の恐るべき映像魔術に心底打ちのめされずにいられないだろう。

主演は『ブギーナイツ』『PLANET OF THE APES 猿の惑星』『ザ・シューター/極大射程』などの話題作でおなじみのマーク・ウォールバーグ。その抜群のスター性はもちろんのこと、近作『ディパーテッド』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされ、俳優として絶頂期を迎えた感のある彼が、〈見えない脅威〉から逃れようとする科学教師エリオットを迫真の演技で体現する。その美貌の妻アルマに扮するのは、『ジェシー・ジェームズの暗殺』『テラビシアにかける橋』などで注目度上昇中の若手女優ズーイー・デシャネル。世界を揺るがす惨劇の中で夫婦の絆を試される彼らのドラマが、映画にかけがえのない温もりを吹き込み、深遠な感動を呼び起こす。『ロミオ&ジュリエット』の個性派俳優ジョン・レグイザモも、愛する家族を守り抜こうとするエリオットの友人ジュリアン役で胸打つ熱演を見せる。また『シックス・センス』『アンブレイカブル』の撮影監督タク・フジモトが、久々にシャマラン組に復帰。『羊たちの沈黙』を手がけたことでも知られる名手が繊細なカメラワークを披露し、恐怖の原点に立ち帰ったシャマランを強力にサポートしている。




いつもと同じように朝を迎えたセントラルパークに突然何者かの叫び声が響き、来園者たちは時が止まったかのように道に立ちつくす。やがて後ろ向きに歩き出し、バタバタと倒れ出す人々。別の場所のある工事現場では、作業員たちがまるで糸の切れた操り人形のように、自らビルの屋上から転落していく。それが前代未聞の大惨事の始まりだった。

ニューヨークの異変は、その原因もわからぬまま、科学教師エリオットが勤める学校にも伝わってきた。すでに謎の死を遂げた人々には、言語の混乱、方向感覚の喪失などの兆候が見られたという。生徒たちは帰宅させられ、エリオットの同僚ジュリアンは、フィラデルフィアの母親の家に一緒に避難しようと彼を誘う。

エリオットは妻アルマ、ジュリアンとその幼い娘ジェスとともに列車に乗り込む。しかし当局が原因を突き止められない〈見えない脅威〉は、急速にアメリカ全域へと広まり、各地で大パニックが発生。エリオットらの列車も途中で停車してしまい、車掌は「誰とも連絡がつかなくなった」と力なく告げる。

〈見えない脅威〉は周辺に迫り、その場にじっとしていたら確実に飲み込まれてしまう。しかし、いったいどこへ逃げればいいというのか。離ればなれになっている妻を助けに行くというジュリアンからジェスの身を預かったエリオットは、アルマとともに絶望的なサバイバルを繰り広げていく……。





1971年、マサチューセッツ州ドーチェスター生まれ。“ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック”に所属していた兄ドニー・ウォールバーグのサポートのもと、ラップ・グループの“マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチ”を結成。カルヴァン・クラインの下着モデルとしても注目された。

『勇気あるもの』(94)で映画デビューを飾った後は俳優業に専念。レオナルド・ディカプリオ主演の『バスケットボール・ダイアリーズ』(95)に出演したのち、『悪魔の恋人』(96・未)で初主演を務めた。続く『ブギーナイツ』(97)の成功でハリウッドの若手スターの仲間入りを果たし、『ビッグ・ヒット』(98)、『スリー・キングス』(99)、『NYPD15分署』(99)、『裏切り者』(00)、『パーフェクト ストーム』(00)、『ロック・スター』(01)、『PLANET OF THE APES 猿の惑星』(01)、『ミニミニ大作戦』(03)といった話題作に次々と主演。近年も『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』(05)、『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』(06・未)、『ザ・シューター/極大射程』(07)などで活躍している。アカデミー作品賞に輝いたオールスター・キャストの犯罪映画『ディパーテッド』(06)で演じた刑事ディグナム役が絶賛され、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の助演男優賞の候補となり、全米批評家協会賞の助演男優賞を受賞した。




1980年、カリフォルニア州ロサンジェルス生まれ。『ライトスタッフ』『パッション』などでアカデミー賞候補になった名撮影監督キャレブ・デシャネルと女優メアリー・ジョー・デシャネルを両親に持つ。姉エミリー・デシャネルも、TVシリーズ「BONES ボーンズ」の主演を務めるなど女優として活躍している。

舞台への出演を経て、『マムフォード先生』(99・未)で映画デビュー。『あの頃ペニー・レインと』(00)、『グッド・ガール』(02)などの話題作で重要な脇役を演じて注目を集めたのち、SFコメディ『銀河ヒッチハイク・ガイド』(05)ではヒロインを演じた。他の主な出演作は『ケイティ』(02)、『ニュー・ガイ』(02)、『ビッグ・トラブル』(02・未)、『エルフ ~サンタの国からやってきた~』(03・未)、『恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~』(06・未)、『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)、『サーフズ・アップ』(07)など。児童文学の名作を映画化したファンタジー『テラビシアにかける橋』(07)で、爽やかな歌声を披露していたことも記憶に新しい。




1964年、コロンビア・ボゴタ生まれ。5歳の時に家族とともにニューヨークへ移り住む。ニューヨーク大学の演劇科で演技を学び、リー・ストラスバーグに師事した。

TVシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」で俳優デビューを果たし、『カジュアリティーズ』(89)で映画界に進出。『リベンジ』(90)、『ダイ・ハード2』(90)などで小さな役をこなしたのち、『スーパーマリオ/魔界帝国の女神』(93)、『カリートの道』(93)、『3人のエンジェル』(95)などでアクの強い個性を発揮。オフ・ブロードウェイで自作のひとり芝居を大ヒットさせる一方、レオナルド・ディカプリオの敵役を熱演した『ロミオ&ジュリエット』(96)でいっそう知名度を高めた。その後の主な出演作は『エグゼクティブ・デシジョン』(96)、『スポーン』(97)、『サマー・オブ・サム』(99)、『ムーラン・ルージュ』(01)、『コラテラル・ダメージ』(01)、『タブロイド』(04)、『アサルト13 要塞警察』(05)、『ランド・オブ・ザ・デッド』(05)など。『アイス・エイジ』(02)、『アイス・エイジ2』(06)の声の出演でも知られている。





1970年、インド・ポンディチェリー生まれ。幼少期にアメリカのフィラデルフィアに移住し、自主映画の制作に熱中するようになる。やがて両親と同じ医師の道を歩まず、映画監督を志すことを決意し、ニューヨーク大学芸術学部に進学。在学中に書き上げたオリジナル脚本に基づく初長編『Playing with Anger』(92)で、監督としての第一歩を踏み出した。祖父を亡くした少年の揺れる思いを綴ったヒューマン・ドラマ『翼のない天使』(98・未)を経て、ブルース・ウィリス&ハーレイ・ジョエル・オスメント主演の長編第3作『シックス・センス』(99)が爆発的ヒットを記録。世界中の観客を驚愕させた衝撃の結末は、ストーリーテラーとしてのシャマランの類い希な手腕を鮮烈に印象づけた。また、同作品はアカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされるなど、ホラー映画としては異例の批評的な成功も収めた。

その後もホームタウンのフィラデルフィアを拠点にし、再びB・ウィリスと組んだ超自然的サスペンス『アンブレイカブル』(00)、異星人との遭遇を描くSFスリラー『サイン』(02)、森に囲まれた村の秘密を語り明かすミステリー『ヴィレッジ』(04)、美しき妖精とアパートの住人の不思議な交流を綴る『レディ・イン・ザ・ウォーター』(06)という話題作を連発。エンターテインメントの分野にこだわりながら、斬新な世界観と意外性に満ちたストーリーを創造し、映画ファンに魅惑的な驚きを提供し続けている。


この映画のアイデアは突然ふっと湧きました。“世界の終わり”という恐ろしいアイデアを思いつき、とてもドキドキしたので、それまで書いていた作品を投げ出し、『ハプニング』の脚本に取りかかりました。

私は『エクソシスト』、『ゴッドファーザー』のように、腹の底に響くような生々しい瞬間がある映画に合わせて、この映画のことを考えました。この映画にはそういうやり方がぴったり来ると思ったからです。こうして私は(アメリカでは)初のR指定作品となる、これまでで最高に怖い映画を作ったのです。

この映画に幽霊や怪物は出てきませんが、私にとっては逆にそれらを見せて観客を怖がらせるほうが難しい。恐怖の理由が何なのかわからず、何がどうなっているのか考えることで、いっそう怖さが増すというのが私の考え方です。だからこそ“見せない”ことは、観客を怖がらせるための私の力強い武器になるのです。

この映画にはタブーがたくさんあります。それらは「駄目だ、こんなもの見てられない!」と思うようなものを目にする、とても怖い瞬間です。そう思った直後にそれらを見てしまい、ショックを受けるのです。

『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(56・未)などの過去のホラーには、戦争の脅威などの時代の世相が反映されていました。私もこの世界に生きている以上、何か執筆するうえで現実社会の出来事から影響を受けています。例えば25年後にこの映画を振り返って、「2008年の人たちは、こんなパラノイアを抱いていたんだな」と思えるようなハッピーな未来を迎えられれば、というのが私の希望なのです。


 ↑映画ハプニング公式サイトより引用。

ぼちぼち日記
2008/08/13 (Wed)


王平
この「ハプニング」サイドバー、やってみましたよ。
こりゃぁヤバイ!! Σ(・ω・ノ)ノ!
怖い映画は見れない自分なので、この映画はきっと無理だなぁぁ。でもサイドバーで凄く堪能しましたよ。あぁ、コワー!!

すぴかさんが忙しいってのはこの事ですかね?記事の書き貯めに忙しかったのかなぁ。
これだけの記事を書いておくのはきっと大変だったと思います。よく頑張りましたね!!

毎日楽しく読ませてもらいますね♪

王平さ~ん♪
すぴか
ご無沙汰しておりました~♪

「あなたの知らない世界」を堪能してもらえたようで大満足ですww


予約投稿の記事ですが、7月初旬から書き溜めてた分を、書き換えてUPしました。
なので古いネタ満載ww


ちなみに、「おアソビ探偵団」の記事は、王平さんと娘さん向きかな~と思いながら投稿したんですよ~♪


テンプレ変更企画も大盛況だったようですね♪
次回は私も拝見できると良いな~◎



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
この「ハプニング」サイドバー、やってみましたよ。
こりゃぁヤバイ!! Σ(・ω・ノ)ノ!
怖い映画は見れない自分なので、この映画はきっと無理だなぁぁ。でもサイドバーで凄く堪能しましたよ。あぁ、コワー!!

すぴかさんが忙しいってのはこの事ですかね?記事の書き貯めに忙しかったのかなぁ。
これだけの記事を書いておくのはきっと大変だったと思います。よく頑張りましたね!!

毎日楽しく読ませてもらいますね♪
2008/08/14(Thu) 01:11 | URL  | 王平 #9kA7E2gM[ 編集]
王平さ~ん♪
ご無沙汰しておりました~♪

「あなたの知らない世界」を堪能してもらえたようで大満足ですww


予約投稿の記事ですが、7月初旬から書き溜めてた分を、書き換えてUPしました。
なので古いネタ満載ww


ちなみに、「おアソビ探偵団」の記事は、王平さんと娘さん向きかな~と思いながら投稿したんですよ~♪


テンプレ変更企画も大盛況だったようですね♪
次回は私も拝見できると良いな~◎

2008/08/19(Tue) 12:40 | URL  | すぴか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。