上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆宝くじを貰って大きく当てよう☆
自宅にいながら、あの有名売場のジャンボ宝くじが!


宝くじの予想が盛沢山♪⇒ 人気ブログランキングへGO

前回の記事の事。

一言、「忙しい」と書くだけのつもりが、ついついだらだらと書き残した訳ですが・・・
さっき読み返すと、まじで意味不明。   m(__)m



↓こんな経験ありませんか?

睡眠不足や忙しさを自慢するかのように訴えてくる人がいます。
そんな人と何かをやり取りする場合、、なんとなく気兼ねしてしまいます。
まともなやり取りが出来ない場合、こちら側が損な役目を背負わされる事もあります。
こんな事が続くと、場合によっては人間関係が壊れてしまいます。

私自身、ついつい愚痴っぽくなったり、弱音を吐く事が多々あります。このブログでもそうですね。
それはそれで良いかと実は思っています。

しかしながら、それだけでは自己中のまま・・・


             こころをなくす
忙しいという文字は「心を亡くす」と書きますよね。
忙しさの中にあっても、周囲に対する気配り(心)を忘れずに、広い視野で慌しい現代社会を生き抜いていきましょう。


それが人間だもの。


そんな思いを心に刻んだ一日。



元気もりもり♪夢がもりもり♪
励んで生きまっしょい♪



PS、
夢がモリモリ♪のフレーズで思い出す。
森口博子、森脇健児、SMAPの【夢がMORIMORI】と言うTV番組を。

あ~懐かしい。

よね?
夢モリをひっぱってきました。

[編集] 概要
当時は森脇健児を「次代CXバラエティの柱に」という方針もあったようだった。が、レギュラー出演していたSMAPはこの番組をきっかけに人気に火が点き、現在の地位の土台を築き上げた。この番組で様々なコントに挑戦した彼らの経験は、のちのフジテレビ系列の高視聴率番組「SMAP×SMAP」に繋がる事になる。コンセプトは邦ちゃんのやまだかつてないテレビを取り入れた手法だった。


[編集] スーパーキックベース
番組のコーナーで「キックベース」が行われ(川崎球場にて)当時ブームとなった。これはセカンドベースの無い”三角ベース”でホームベースの位置からバットで球を打つ代わりに、打者がピッチャーが転がしてくるボール(だいたい4号バレーボール大)を(助走はラインよりはみ出ない範疇でOK)ピッチャーを含む5人の野手に向かい蹴飛ばし、その打球によって構成されるゲームで基本的には野球と同じルール。(ベース上にいないランナーにボールをぶつければランナーはアウトというこのゲームならではのルールも設けられている)。


[編集] 主な選手
レギュラーの森口博子・森脇健児・森且行・森川美穂・森末慎二という苗字に「森」のついた芸能人の5人衆がMORIMORI DREAMSという名の1チーム(たまに大森うたえもん・森川正太といった助っ人も登場)となる。ピッチャーは概ね森口で打撃時はバントならぬ”チョロキック”が得意。また森且行(当時まだSMAP在籍時)は主砲で本塁打を量産していた。また相手は殆どが芸能人や格闘家などが5人衆を結成し(大体フジテレビの番組単位でのチーム結成が多かった)DREAMSに挑んでいた。時々、一般公募のチームも参加をし、リーグ戦を行い番組を盛り上げていた。また、代打要員で益子直美が出るなどしていた。


[編集] チョロキックの名前の由来
チョロキックとはキックベースにおけるバントのことである。これは中野英雄がドラマ「愛という名のもとに」がらみで出演した時に、バントでチョロっとボール蹴った事と、同ドラマにおける中野の「チョロ」という役名にちなんで名づけられた。


[編集] 2週1試合またはCMを挟んでの試合展開
番組の放送時間の関係上、同点で決着が付かずに延長戦にもつれ込む場合は、2週1試合またはCMを挟んでの試合展開になる事もあった。また、中期・後期は試合終了後の選手のインタビューをカットする等、スピード感が溢れる体裁になった。


[編集] 主審
主審は主に三遊亭小遊三が務めた。尚、小遊三がスケジュールの関係で審判が出来ない時は、竹井輝彦が代理で担当した。


[編集] 番組の視聴者
番組は放送されていた「夢で逢えたら」・「夢の中から」の視聴者や23時前半に放送されていた「ねるとん紅鯨団」・「とんねるずのハンマープライス」の視聴者層を取り込んだ事やSMAPのファンもいた事から人気番組になった。


[編集] 番組の終焉
1995年頃に裏番組「チューボーですよ!」(TBS系)等に人気が徐々に奪われ、コーナーにもマンネリ化が生じたことやレギュラー出演のSMAPが当時個々の活動が増えうまくいかなかったこともあり、1995年10月に3年半に及ぶ歴史に終止符を打った。最終回は1時間スペシャルで締めくくり、後番組の「めちゃ×2モテたいッ!」(めちゃモテ)のメインであるナインティナインが出演した。なお、ナイナイは、めちゃモテ前身番組「とぶくすり」チームとして、キックベースでゲスト出演した事もある。


[編集] レギュラー出演者
森口博子
森脇健児
SMAP(中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草剛・香取慎吾)
赤坂泰彦(初期は顔出しせず、中期から番組進行役として顔出し出演する。)
森川正太
森川美穂(1993年11月~)
森末慎二
大森うたえもん

[編集] スタッフ
プロデューサー

佐藤義和(初代。部長昇格と同時に「制作」に名義が変更された)
荒井昭博(2代目、演出兼任)
総合演出

荒井昭博(佐藤プロデューサーの部長昇格後、2代目プロデューサーを兼任)
ディレクター

八百板慎一
伊戸川俊伸
構成

鶴間政行
野中浩之
有川周一
安達元一
村雲一元
岡本虫三

[編集] 関連項目
SMAPのがんばりましょう(当番組の平日深夜版・姉妹番組)
SMAP×SMAP(事実上の後継番組)
音松くん

[編集] 番組の変遷
フジテレビ系 Panasonic枠
前番組 番組名 次番組
夢の中から 夢がMORIMORI めちゃ²モテたいッ!

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E3%81%8CMORIMORI" より作成



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。


追記を閉じる▲



☆宝くじを貰って大きく当てよう☆
自宅にいながら、あの有名売場のジャンボ宝くじが!


宝くじの予想が盛沢山♪⇒ 人気ブログランキングへGO 夢モリをひっぱってきました。

[編集] 概要
当時は森脇健児を「次代CXバラエティの柱に」という方針もあったようだった。が、レギュラー出演していたSMAPはこの番組をきっかけに人気に火が点き、現在の地位の土台を築き上げた。この番組で様々なコントに挑戦した彼らの経験は、のちのフジテレビ系列の高視聴率番組「SMAP×SMAP」に繋がる事になる。コンセプトは邦ちゃんのやまだかつてないテレビを取り入れた手法だった。


[編集] スーパーキックベース
番組のコーナーで「キックベース」が行われ(川崎球場にて)当時ブームとなった。これはセカンドベースの無い”三角ベース”でホームベースの位置からバットで球を打つ代わりに、打者がピッチャーが転がしてくるボール(だいたい4号バレーボール大)を(助走はラインよりはみ出ない範疇でOK)ピッチャーを含む5人の野手に向かい蹴飛ばし、その打球によって構成されるゲームで基本的には野球と同じルール。(ベース上にいないランナーにボールをぶつければランナーはアウトというこのゲームならではのルールも設けられている)。


[編集] 主な選手
レギュラーの森口博子・森脇健児・森且行・森川美穂・森末慎二という苗字に「森」のついた芸能人の5人衆がMORIMORI DREAMSという名の1チーム(たまに大森うたえもん・森川正太といった助っ人も登場)となる。ピッチャーは概ね森口で打撃時はバントならぬ”チョロキック”が得意。また森且行(当時まだSMAP在籍時)は主砲で本塁打を量産していた。また相手は殆どが芸能人や格闘家などが5人衆を結成し(大体フジテレビの番組単位でのチーム結成が多かった)DREAMSに挑んでいた。時々、一般公募のチームも参加をし、リーグ戦を行い番組を盛り上げていた。また、代打要員で益子直美が出るなどしていた。


[編集] チョロキックの名前の由来
チョロキックとはキックベースにおけるバントのことである。これは中野英雄がドラマ「愛という名のもとに」がらみで出演した時に、バントでチョロっとボール蹴った事と、同ドラマにおける中野の「チョロ」という役名にちなんで名づけられた。


[編集] 2週1試合またはCMを挟んでの試合展開
番組の放送時間の関係上、同点で決着が付かずに延長戦にもつれ込む場合は、2週1試合またはCMを挟んでの試合展開になる事もあった。また、中期・後期は試合終了後の選手のインタビューをカットする等、スピード感が溢れる体裁になった。


[編集] 主審
主審は主に三遊亭小遊三が務めた。尚、小遊三がスケジュールの関係で審判が出来ない時は、竹井輝彦が代理で担当した。


[編集] 番組の視聴者
番組は放送されていた「夢で逢えたら」・「夢の中から」の視聴者や23時前半に放送されていた「ねるとん紅鯨団」・「とんねるずのハンマープライス」の視聴者層を取り込んだ事やSMAPのファンもいた事から人気番組になった。


[編集] 番組の終焉
1995年頃に裏番組「チューボーですよ!」(TBS系)等に人気が徐々に奪われ、コーナーにもマンネリ化が生じたことやレギュラー出演のSMAPが当時個々の活動が増えうまくいかなかったこともあり、1995年10月に3年半に及ぶ歴史に終止符を打った。最終回は1時間スペシャルで締めくくり、後番組の「めちゃ×2モテたいッ!」(めちゃモテ)のメインであるナインティナインが出演した。なお、ナイナイは、めちゃモテ前身番組「とぶくすり」チームとして、キックベースでゲスト出演した事もある。


[編集] レギュラー出演者
森口博子
森脇健児
SMAP(中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草剛・香取慎吾)
赤坂泰彦(初期は顔出しせず、中期から番組進行役として顔出し出演する。)
森川正太
森川美穂(1993年11月~)
森末慎二
大森うたえもん

[編集] スタッフ
プロデューサー

佐藤義和(初代。部長昇格と同時に「制作」に名義が変更された)
荒井昭博(2代目、演出兼任)
総合演出

荒井昭博(佐藤プロデューサーの部長昇格後、2代目プロデューサーを兼任)
ディレクター

八百板慎一
伊戸川俊伸
構成

鶴間政行
野中浩之
有川周一
安達元一
村雲一元
岡本虫三

[編集] 関連項目
SMAPのがんばりましょう(当番組の平日深夜版・姉妹番組)
SMAP×SMAP(事実上の後継番組)
音松くん

[編集] 番組の変遷
フジテレビ系 Panasonic枠
前番組 番組名 次番組
夢の中から 夢がMORIMORI めちゃ²モテたいッ!

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E3%81%8CMORIMORI" より作成



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

ぼちぼち日記
2008/08/09 (Sat)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。